OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前も書きましたがマネーパートナーズFXを使えば小額からでも両替できます。 11月に円からUSドルに両替してシティーバンクに出金したときの流れをご紹介します。

FX業者のサービスで建玉を元引きして外貨で出金できるところは多いですが1万通貨単位が普通で約100万円の資金が必要です。 ところがマネーパートナーズFXではコンバージョンと呼ばれる任意の金額から外貨への両替サービスがあります。 口座開設も簡単で、申し込み時に携帯で免許証を撮影してメールすれば3日で口座が使えるようになりました。

私の場合FXで運用していないので口座残高は通常ゼロにしていますが4ヶ月で2回両替しただけですが特にクレームは受けていません。

まず両替資金の入金です。
三井住友銀行、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、日本郵政公社から無料でリアルタイム入金できます。

入金したら両替です。 両替を意味するコンバージョンを選んで両替したい金額を指定すれば完了です。  指値は出来ません。 私が両替したときに表示されていた円-USドルのFX用レートは117.69 - 117.73でした。 コンバージョンはこのレートに20銭上乗せされますので117.93で約定しました。 従って仲値から22銭で両替できることになります。
両替に必要なコストはこの22銭分だけです。

次は外貨の出金指示をします。 口座開設時に指定した外貨出金口座に出金されます。 外貨出金の場合、出金先に入金されるまで4日必要です。 月曜日の夜に両替し直ぐ出金すれば金曜に到着します。 ですから緊急に外貨が必要な場合には向きません。 円での出金は翌日になります。 詳しいところはマネーパートナーズFXのホームページをご覧ください。

余った資金の出金
円を全額外貨に両替すると為替の動きによって証拠金がマイナスと赤い字で脅されます。 両替しただけなので問題無いようなのですが安心する意味で多少円を残しておくとよいでしょう。 私は外貨の着金が確認できたら残金の円を出金してしまいます。 外貨、円合わせて月5回まで無料で出金できます。


ALL外為比較

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/80-8a61b709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。