OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
citibank香港の口座管理料を無料にするには最低3万香港ドル相当の資金をキープする必要がある。 この金額は当面出金するわけに行かないので定期預金にすることにした。日本人に人気があるHSBC香港だと10万香港ドル、約150万円必要なので私にとってはcitibank香港が合っている。

citibank香港の各通貨の利率を比較すると香港ドルが4.1%と良かったので3万5千香港ドルを1年定期にすることにした。 日本からUS$で送金したのでcitibank香港のweb上でHK$に両替処理をしてさらに香港ドル定期にした。日本のネットバンクのように夜中に翌日の処理を予約するようなことはできず銀行の営業時間でないと両替等の処理ができないのが不便なところだ。

香港では課税されないので3万5千香港ドルに対して年利4.1%だと1年後に1439香港ドルの利息がつくことになる。 日本の定期預金に比べると夢のような利率だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/7-486bacc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。