OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、香港ドルと人民元の逆転する日は近いと書きましたが
11月27日付け日経夕刊に「人民元が香港ドルと事実上等価レベルまで高くなった」という記事が載っていました。
USドルと香港ドルを連動させるペッグ制度変更の憶測もあるが香港金融当局は繰り返し制度変更を否定しているようです。

元高の流れは当面止まらないでしょうし、香港ドルがUSドルに連動している限り人民元が香港ドルを追い越すのは避けられません。 香港は一応中国の領土ですからペッグ制度を維持に関して何か動きが出てきそうな気がします。

今、香港ドルと人民元どちらも保有しているので、どちらも損しなくて済むような制度変更なら歓迎なのですが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/66-fe08bc9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。