OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
証券会社の外貨MMFを外貨のままシティバンクに送金し、それをcitibank香港に送金できないか調べたところ野村證券の場合無料でシティバンクへ送金できるという。
私の場合、大和証券で塩付けになっているUS$ MMFがあるのでこちらでも同様のサービスがあるかと期待したがこちらは約15US$必要とのことだった。まあ仕方ない。
証券会社のUS$ MMFなら片道50銭の手数料でドルを買うことが出来るので銀行で両替するよりは有利だ。

シティバンクの口座が出来たので休眠口座となっている野村證券と塩付けMMFのある大和証券を合わせてシティバンクの口座を外貨出金先口座に登録することにした。 同時にキャッシュカードの暗証番号の変更とcitibank香港を海外送金先として事前登録するためシティバンクの支店に直接行ってきた。
登録には1週間ほどかかるということだが一旦登録できればネットバンクを利用して海外送金を自宅からできるようになる。 100万円の1年もの1.2%定期を作ったので1回当り2000円で海外送金することができる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/4-c2f0d950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。