OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HSBC中国への10万元積み上げ作戦、本日ついに達成しました。
国慶節明けの今朝ネットバンキングでUSドルから人民元に両替指示を出し、22時に再度口座をチェックしてみるとちゃんと人民元に換金されていました。

私の場合マネーパートナーズで円からドルに両替し、それをシティバンクに無料で出金、シティバンクからHSBC中国にUSドルで送金、そして人民元に両替と長い経路を通しています。 幸い全てネットでの指示で処理依頼は出来、窓口に出向く必要は無いのでノンビリ動かしていきました。

シティバンクからHSBC中国への送金は即日ですがマネーパートナーズからシティーバンクへの出金は4日-5日必要でこの部分が一番時間がかかります。 為替レートの有利さを無視してシティバンクで円からドルに換金すればこの1週間を削ることは可能ですが銀行の為替レートはぼったくりなのでそれをやる気はありません。
コメント
この記事へのコメント
私も10万元達成しました。
私も達成しました。結局銀行からそのまま送りました。私のほうは銀行からぼったくられたクチですが(笑)。

 送金にはもっと時間がかかるものと思っていましたが、即日ですね。驚きました。ともあれ、これでひと安心です。

 いろいろと教えていただいてありがとうございました。またおじゃまさせてください。私のサイトにも、どうぞ。
2007/10/09(火) 06:14:59 | URL | zxcvaq #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/287-fd5b9da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
結局中国へは、銀行から普通に電信送金で送ってしまいました。若干の円安が進んでいましたし、銀行で両替しましたので、損といえば損でしたが、それはしょうがないと割り切ることにしました。50万円程度の送金は、やはり手数料を考えたら割高ということになるでしょうか?
2007/10/09(火) 06:18:42 | 「地に足のついた投資」を考え、実践する場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。