OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株の配当金を指定期限内に郵便局で受け取らないと面倒ですが会社指定の信託銀行で受け取らなければなりません。 先日、三菱UFJ信託、みずほ信託、中央三井信託と指定行がバラバラの3枚の配当金をまとめて受け取ってきました。 幸い100メートル以内の範囲に3行が集中していましたので歩く距離は大したことはありませんでしたが待ち時間の差は顕著でした。

三菱UFJ信託
待ち時間最悪でした。 行内はごった返しています。 配当金受け取り専用の整理券をもらいましたが順番が回ってくるまで約15分、配当通知を渡して現金をもらうまでさらに待たされて10分程。 疲れました。 どうしてこんなに時間がかかるのでしょう?

みずほ信託、中央三井信託
三菱UFJ信託で待ち疲れ、うんざりしながら次の信託銀行に向かいましたが待合室にお客さんはほとんどいません。 現金を受け取るまで数分。 どちらの信託銀行か忘れましたが配当通知を渡すとその場で現金を渡してくれました。

この違い三菱UFJ信託の業務効率が悪すぎるのか、チェックが厳しいのか、それとも客が多すぎるのかどちらなのでしょうか? 確かに信託銀行は時間に縛られないお年寄りが多いですが三菱UFJ信託の待ち時間は長すぎます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/274-76e4c880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。