OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークションでジャパンネットバンクに振込があったので久しぶりにジャパンネットバンクを使いました。  基本的に口座残高をゼロにしてJNBの口座管理料をゼロにしていますので早速証券会社に出金することにしましたが長い間JNBを使っていなかったので送金等に使用する「使い捨て暗証番号」を発生させるセキュリティデバイスがあったことをすっかり忘れていました。

セキュリティデバイスを探し出すのが大変でした。

松井証券に出金する場合、1万円以上なのでジャスト1万円になるように他行からまず端数分を振込みました。 りそな銀行の口座が凍結されると困るので今回は野村信託銀行の無料振込を利用しましたが、はやく具体的な自粛基準を出していただかないといつもビクビクしながら「りそな銀行」を使うのは疲れます。

不幸にしてりそな銀行のネットバンキングを止められた方の再開できたという書き込みをネットで見かけました。
コメント
この記事へのコメント
 私も振込(実需)が多いと基準も示されないまま、りそなダイレクトを突然停止され非常に困りました。
 しかし、ATM横に置かれているダイレクト申込兼変更用紙を送付すると、10日ほどで再開しました。
 それまでの間は、面倒でもテレホンアンサーで無料振込ができますので、びくつきもせずに今まで通りに振込をしています。
 それにしても、りそなの経営陣は何を考えているのでしょうか。
 基準も明確にしないまま、今後も強硬手段を繰り返すつもりなのでしょうか。
2007/08/17(金) 09:21:57 | URL | #-[ 編集]
りそな口座復活おめでとうございます。 基準を明確にしてもらえれば他の銀行に制限回数を超える分は迂回できるのですが。 ゴールドステージ確保のために各種取引をりそなに集約していますのでダイレクト強制停止は死活問題です。
2007/08/18(土) 17:31:34 | URL | weiqi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/266-5a01ffb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。