OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログのテーマから外れますが独学で勉強している中国語の実力チェックで受験した中国語検定3級にギリギリで合格しました。

3級はTOEICで言えば600点~750点に相当します。 TOEICに比べるとリスニング問題のスピードは遅いし引っ掛け問題も少ないので試験が終わるとぐったりということはありませんでした。 しかし筆記試験の一部に日本語の短文を中国語に翻訳して自筆で書くというものがあります。 遊び感覚で試験内容を確認せずに受験申し込みをしたので後でその事に気づいて唖然としました。

リスニングは100点中90点といつも中国音楽専門ラジオ番組を聞いている効果が出たようで余裕でした。  一方筆記は合格ライン65点のところ66点とまさに薄氷を踏むような結果でした。 でも1点でも合格は合格です。

中国語検定

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/255-38ab04fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。