OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国ではクレジットカードがあまり普及していないのでホテルの支払以外ほとんど役に立ちません。 その代わり銀行のキャッシュカードに付いている銀聯カードはかなりの店で使えとても便利です。 従って中国でのカードを使った支払は銀聯カードに統一されていると言ってもよいでしょう。

三井住友カードはこれまで中国人観光客向けに日本で銀聯カードが使える店舗開拓を行っていました。 今度は逆に日本人向けに中国で使える銀聯カードを12月を目処に発行するようです。

発行手数料が2100円必要ですが年会費は無料、初年度5万人獲得を目指すそうです。 クレジットカードと別カードになるのかは判りませんが出張で中国に頻繁に行く人にとっては便利なツールになるはずです。

これは私が持っている中国工商銀行のキャッシュカードです。
JCBのマークに似たものが銀聯カードの印です。
ICBC CARD front

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/254-539460ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。