OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月27日に香港に送ったCitibank発行の小切手の換金が完了していました。 31日に入金していましたので小切手が香港に到着して直ぐ換金されたことになります。 ネットで調べると小切手の換金にはかなり長い時間がかかると書かれているので意外でした。

でも手数料として6.42USDも引かれていました。 他のブログでHSBC香港にCitibankの小切手を入金されたときの体験談がありましたが”一律額面金額の0.3757%で、最低額は50香港ドル(約680円)”という情報がありました。 私の場合もこの最低金額に相当しているようです。

CitibankジャパンでCitibankの小切手を換金するのは無料という情報を見て香港でも同じと期待したのですが裏切られてしまいました。
100USドルちょっとに対して6.42$と約6%も手数料がかかったのでガッカリです。 送料込みでトータル770円のコストです。

自分で書いた換金依頼書に「Citibankの小切手だから手数料は要らないと思う」ようなことを書いておけば状況が変わったのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/232-5dc962e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。