OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットバンキングの登録が出来ずに帰国しましたが何とかならないかと工商銀行の英文ホームページを熟読していると口座残高の確認なら出来そうな気がしてきました。 工商銀行の英文ページは肝心なところになると中国語になってしまう中国銀行に比べるとすばらしい出来です。

「U盾」と呼ぶUSBセキュリティデバイスがあれば送金金額の制限もなくネットバンキングのフル機能が使えるようですが60-76人民元(約1000円)と有料で中国語版ドライバーのインストールも必要となります。  「U盾」や機能制限についてはこちらに詳しく書かれています。  送金などはHSBC中国でできるので工商銀行では口座残高をチェックできれば十分です。 そこで機能は限定されますがウェブサイトからの登録に挑戦してみました。

登録は工商銀行のウェブサイトの左上のPersonal BankingのRegisterをクリックして表示されるページのPersonal Internet Bankingからできます。 Personal Internet Bankingをクリックすると約款が表示されますのでAccept Adviceで同意を選びます。 するとUser Self-help Registrationのページに変わりますのでキャッシュカードの番号を入力します。 すると次の情報を入力する画面に移ります。

ICBC NETBANKING


登録時にインプットする情報は次の内容です。 これで登録できれば口座残高の確認をネットから出来るようになります。

Registered Card Password:にはキャッシュカードの暗証番号を入力
Certificate TYPE:にはPassportを選び
ID No.:には口座開設時に提示したパスポート番号を入力
Reserved verification information:には偽ページ判別用の任意の文章(英字で60文字、漢字で30文字以内)を入力
Internet Banking Password:
Please Enter Again:にはネットバンキングで使用したいパスワードを入力
Please Enter Verification Code:直ぐ右に表示される確認用の数字を入力

(注1)
Reserved verification informationで設定した文字列はログイン時に表示され、偽のページに誘導されていないかを自分で確認するために使用されます。
(注2)
私の理解が正しければネットバンキングの手数料は最初の1年は無料、あとは年間12元となります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/215-4282fb32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。