OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日からHSBC中国の中国人個人向け業務が開始されましたのでHSBC中国のリリースノートを見てみました。

富裕者向けPremier servicesはなんと月平均50万人民元を維持しないと月額口座維持料300元が必要となります。 50万元といえば日本円で約750万円です。

Premierでない口座の場合、月額10万元(日本円で150万ぐらい)を維持すれば口座維持料150元が免除されます。

私の場合、一般口座の平均残高も維持できていませんので中国人と同じ条件に引き上げられると困ってしまいます。



コメント
この記事へのコメント
HSBCin上海
こちらを参考にさせていただいて今回HSBCの口座を開設しようと上海に来ているのですが、やはり人民元業務のため、口座維持費のレギュレーションは変更になった模様です。
色々考えて結局HSBCはやめてBOCに普通と定期口座を作りました・・
2007/05/01(火) 00:12:22 | URL | shanghai #mQop/nM.[ 編集]
こちらには口座維持費の条件変更通知はありませんね
私のところには、HSBC中国から口座維持費の条件変更通知はまだありませんね。
中国銀行だと日本から送金して人民元に換金できないような気がするのですが、まとまった金額を一気に預けてこられたのでしょうか?

私はこの連休に中国工商銀行の口座を開いてきたのですが中国も連休で滞在期間中にUSBセキュリティデバイスが手に入らないということでBOCに続きネットバンキングが出来ない状態の中途半端な口座がまた一つ出来てしまいました。
2007/05/07(月) 23:17:44 | URL | Weiqi #-[ 編集]
新規だけかもしれません
BOCは相変わらず窓口でしか換金できないのでとりあえず作った、という感じです。
Citiがもう少しやる気出してくれればCiti中国にしたいような気もしているので今回は見送った感じです。
今回の改正で口座維持とかはCitiが優位(8万元)になりましたしね。
HSBCはPremierの勧誘が激しいらしいです。知り合いの中国人にもしょっちゅう勧誘が来ているそうで、今回口座も「Premierじゃないの?」と言われ「違う」と言ったら態度が変わりました(苦笑)
2007/05/08(火) 23:48:48 | URL | shanghai #mQop/nM.[ 編集]
中国工商銀行
私の場合、昨年秋にHSBCシンセンで口座を開いた時には日本語の出来るスタッフが丁寧に対応してくれました。 口座維持の無料条件もかなりハードルが低かったです。 キャッシュカードが無いのが唯一不便ですがドルから人民元に換金、他行に送金(送金手数料1.2元と異様に安い)とネット上で自由に資金移動できるので問題ありません。 今回100元だけ預けて新規に作った中国工商銀行ですがネットで登録することで残高確認だけはでできるようになりました。 送金(HSBCがあるので不要)などはUSBセキュリティデバイスが無いと出来ませんが銀聯のデビットカードとして使うにはこれで十分です。 ネットバンクの機能としてはかなり高機能の様です。 詳細は改めて書きますね。
2007/05/09(水) 00:47:23 | URL | Weiqi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/210-b51c1e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。