OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークションで落札者が決まった後の代金支払方法で良く指定される金融機関は次のようなところです。 オークションファンとしては送金手数料をゼロにすることは常識なのでしょう(ぱるるは110円)。

新生銀行
これは送金手数料5回無料、新生銀行口座間振替無料サービスのメリットで口座保有者が多いからと思います。

東京三菱UFJ銀行
いま三井住友銀行の口座開設中ですがこの2行、同一本支店間の振込は無料となりますので指定されることが多いです。 ただし新生銀行も含めて土曜、日曜日および深夜に振り込み処理がリアルタイムで完了しないので迅速性という点で劣ります。

イーバンク銀行
イーバンク間の送金は無料ですのでよく指定されます。 休日も含めてリアルタイムに送金を終えることができスピーディーに発送まで完了できます。

郵貯のぱるる
ネットを使用すれば110円で全国一律送金可能です。 またイーバンクと同様に休日でも送金が反映されるので使用される方が多いです。

りそな銀行
りそな銀行間の送金は無料ですので時々指定されることがあります。
セカンドステージ以上の場合、どこでも送金無料ですので落札したときは有効に活用しています。

スルガ銀行
こちらも同一銀行間振込無料ですがまだ指定されたことはありません。

ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行口座間の送金でも52円手数料が必要なため最近は指定されたことがありません。  東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行の口座があれば実質無料送金が可能ですのでジャパンネット銀行のメリットは思い浮かびません。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/177-7a85e59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。