OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新生銀行に代わるお財布銀行はスルガ銀行ANA支店に決定しました。

これまでスルガ銀行ANA支店はANAのマイル取得用として給料振込み、クレジットカードの引き落とし等を集中させていました。 このANA支店の口座で月末預金残高(外貨預金除く・投資信託は含まない)が50万円以上を維持しておけば

スルガ銀行(近くにありませんが)、セブン銀行、E-net、タウンネットワークサービスのATMで手数料がかかる時間帯に利用しても手数料がかかりません。

また他行ATMを利用する場合には通常ATM利用手数料がかかりますが、「即時キャッシュバック」として手数料が返金されます。  ここで他行とは、郵便局、地方銀行、都市銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA・信漁連、シティバンクとなっており一般的な金融機関は全て即時キャッシュバックで実質無料で使用できることになります。

大手コンビニATMではローソンが使えませんがそれ以外ならATMを見つければ大抵使えることになります。 欠点は土曜、日曜の休止時間が長めという点です。 この部分はゴールドラッシュプログラムでお世話になっているイーバンク銀行のセブンイレブン、郵便局ATM利用時間でカバーすることにしました。  念のため今日は土曜日でしたので信金、都銀、地銀、AMPM、ファミマで試しに残高照会をして使えることを確認してみました。

同じスルガ銀行にソフトバンク支店がありますが、こちらならイー・トレード証券とのリアルタイム決済サービス「ネットデビット」を登録するだけで上記のATM出金手数料無料を使用することが出来ます。

スルガ銀行をほめるだけでは良くないのでSE支店切捨てについて最後に書いておきます。 これまでSE支店の普通預金金利は0.3%あったので流動資金をここに置いていましたがイーバンクが0.35%を出してきましたのでSE支店残高ゼロにしました。 新生銀行は新聞代の自動引き落しを移動完了後に残高を下げゴールドラッシュプログラム振込み専用にします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/142-fed2afda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。