OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近国内ネタが多かったので久々に海外口座について書きます。

人民元が高くなっているのでCitibank香港にある香港ドルの一部をHSBC中国に送金してみました。  Citibank香港では1万香港ドル以下の海外送金手数料は50HK$です。 それ以上を送金すると180HK$と一気に跳ね上がりますので1万香港ドル以下に抑えました。 9990HK$をまずUS$にマルチカレンシー口座内で両替し、同じくホームページ上で海外送金のメニューで口座情報を英語で、さらに連絡先の電話番号をインプットして実行すれば手続きは終わりです。 Citibankジャパンのように特に送金先の事前登録は必要ありません。

でも実は送金手続きはこれだけで終わりではありません。 その日の夕方頃Citibank香港から確認の電話が掛かってきます。 そして送金先の口座番号、銀行名、住所、生年月日、手数料はどの口座から引き落とすかなどを英語で質問されます。 結局、Webでインプットした内容を再確認されますので手元にメモを残しておくことをお勧めします。

送金に要した時間は金曜日の昼頃、webで送金依頼を出して日本時間5時ごろ電話確認、着金は週明けの月曜日でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/134-5c8fdda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。