OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国政府の外資規制のためかHSBC中国ではキャッシュカードが発行されず市中のATMで自由に出金できない。 今回、中国に行く目的の一つは観光だったので中国銀行の口座を財布代わりに開設することにした。キャッシュカードがあれば街中のATMに加えて「銀聯」マークのある店でデビッドカードとしても使用できる。

「小富豪のための上海<人民元>不思議旅行」ではシンセン市分行を例に取り上げているがHSBCシンセン支店から移動するのが面倒だったのでHSBC近くの中国銀行で口座を開くことにした。 これが失敗だった。
窓口にある口座開設申請書のフォーマットが不思議旅行に書かれているものと異なっていた。 それでもつたない中国語でネットバンキングを使用したいと言い張って口座を作ったのだがネットからログインできない。とりあえず日本では使いようが無いので約2000RMB残と覚えておくしかない。ちなみに口座開設申請書に書いた住所は既にチェックアウトしたシンセンのホテルの住所。ローマ字で自宅の住所を最初書いていたのだが中国の住所は無いのかと言われて担当者の目の前でホテルの住所を示すとそれでよいとのことだった。これでいいのかな???

下の写真が中国銀行のキャッシュカード。「銀聯」マークのあるところで使えるのが便利である。 中国銀行は日本から直接人民元で送金ができないのでHSBCに一旦送金し中国国内で人民元を移動する必要がある。
今のところ中国銀行は旅行用のお財布の役目しかない。

BOC CARD

コメント
この記事へのコメント
このカードで日本の郵便局で日本円を引き出せますね。人民元切り上げの際はこれでwithdrawすればいいかと思います。引き出し上限額があるかどうかはわかりませんが。
2006/11/12(日) 01:14:54 | URL | unionpaycardholder #-[ 編集]
コメントありがとうございました
貴重なコメントありがとうございました。 この件に関して新規に記事を投稿しておきました。
2006/11/12(日) 15:01:40 | URL | Weiqi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/12-cfc23ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。