OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人民元が将来高くなるのは世界の共通認識。しかし人民元はまだ自由に両替することは出来ないので日本国内で人民元預金に投資することは困難。そして一旦人民元に両替すると元に戻せない一方通行です。
中国の経済成長がこのまま続くといつかは国際通貨になるはずです。あえてハイリスクハイリターンを狙って人民元投資のため中国国内に銀行口座を作ることにしました。参考にしたのは「小富豪のための上海<人民元>不思議旅行」という本です。この本ではHSBC中国と中国銀行での口座開設について説明しています。

今回口座を開設したのはHSBC中国のシンセン(香港の隣)支店です。航空会社のマイレージを利用して香港まで飛びシンセンに入りました。HSBC中国 シンセン支店は今移転していてるので要注意です。羅湖から地下鉄で大劇院まで行くと直ぐ見つかるシンセンで一番高い建物「地王ビル」の道を隔てて向かいにHSBCシンセン支店はあります。

「小富豪のための上海<人民元>不思議旅行」の説明に従いホームページから口座開設申込書を印刷して記入して準備OK。英文で住所を証明する書類は既に開設しているcitibank香港のステートメントがあるので問題ありません。口座管理料を無料とするためには16000人民元以上を預けておく必要があります。 口座開設は日本語を話せる人が担当だったのでスムーズに処理は終わりました。 まず手始めに38万円を3ヶ月の人民元定期預金にしておきました。

この定期預金は人民元が高くなるのを期待して当分放置です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weiqi3.blog77.fc2.com/tb.php/11-9c63539d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。