OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
citibank香港はHK$30,000相当を最低キープしないと毎月HK$400手数料が必要となる。 そこで次は送金手数料をいかに抑えて香港に送金するかを考えなくてはいけない。

海外に強いといえばシティバンクということで調べてみると口座残高100万円以上の場合、海外送金1件2,000円で済む。また口座開設キャンペーンとして1年定期1.2%、ANA 200マイル、アップルミュージックストア7曲分もあるということでインターネット経由で口座開設を申し込むことにした。

送金するのに銀行で両替するとUSドルで片道1円もとられてしまい馬鹿らしい。それに大和證券に120円前半で買って放置しているUSD建てのMMFがあるので何とかこれを送金できないか調べることにした。

ALL外為比較
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。