OZ経済研究所

日本は相変わらず低金利、そこでグローバルな投資を目指して香港、中国に銀行口座を開設しました。 実践による生の情報をお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は日曜ですので息抜きということで中国の音楽専門ネットラジオをご紹介します。

私の耳にはチャイニーズ・ポップが馴染んだようで中国語のヒヤリングも兼ねて毎日のように聞いています。 中央人民広播電台「音楽之声」というチャネルです。 実際のラジオ放送をリアルタイムにそのままネットで聞くことが出来ます(さすが中国)。 放送局の名前からは硬くて面白くなさそうに思えますが、実態は若者向け音楽専門ですのでBGMとして聞くにはピッタリです。

日本では韓流ブームの次は華流をとマスコミが動いていますがまだまだ盛り上がりに欠けています。 一方アジアに目を移すと中国人は中国だけでなく台湾、香港、シンガポール、マレーシアなどに多数暮らしています。 そのため中国国内でヒットしている音楽には中国以外の国のアーティストが歌っているものが非常に多いわけです。 また日本でヒットしている曲も中国語にカバーされて聴かれています。  中国と台湾間の「政経分離」は音楽業界でも実践されています。

レコード会社の中国語は「唱片公司」となります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。